にきびを予防するには

にきびを予防するためには、にきびができる仕組みを知ることが大切です。
思春期は成長ホルモンの働きにより皮脂の分泌が活発になります。



過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰めてしまい、そこにアクネ菌が繁殖して炎症を引き起こしにきびができるので、予防するには過剰な皮脂を取り除き、毛穴の通りを良くしておくことが重要です。

ファンデーションを付けていると毛穴を詰まらせる原因となるので、帰宅したらすぐにクレンジングで落とすようにしてください。

クレンジング剤は油分の多いオイルクレンジングはやめてミルク状のもの使う方が良いでしょう。



皮脂が気になると一日に何回も洗いたくなりますが、洗顔のしすぎは肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうことになるので注意が必要です。洗顔で肌が乾燥してしまうと、角質の柔軟性が失われ硬くなり、余計に毛穴を詰まらせてしまう結果になるので洗顔は朝と夜の二回だけで十分です。
ふわふわに泡立てた洗顔料を使い肌をなでるように洗い、皮脂汚れやメイクの残りをしっかりと洗い流して、清潔なタオルを使ってやさしく押すようにふきます。


洗顔後は肌を乾燥させないように、有効成分にビタミンC誘導体やグリチルリチン酸ジカリウムが配合された化粧品で潤いを与えましょう。

皮脂の過剰分泌を抑えるために、生活習慣を見直すことも大切です。
油分の多い肉やジャンクフード、甘いお菓子を控えて、ビタミンを多く含む野菜や果物中心の献立にして下さい。

あなたに合った条件のBIGLOBEニュースの知識を増やしてみませんか。

睡眠時間を十分に取りストレスをなるべくためないような生活をおくることがにきびの予防に繋がります。