にきびの予防について

にきびは思春期に悩まれている方が多いイメージですが、最近では大人になってひどく発症される方が多く、皮膚の病気なので、適切な治療やケアを行わないと、肌にでこぼこした跡がのこってしまい、後々後悔をしてしまいますので、適切な予防法やケアの方法を認識しておく必要があります。

にきびが発症する原因は思春期のケースも大人になって現れるケースも基本的に肌の毛穴が詰まる事で発症し、成長ホルモンや男性ホルモン、ストレス、黄体ホルモンなどの影響によって皮脂の分泌が活発になり、背中や顔、胸元など皮脂が分泌が活発な場所にできやすくなってしまいます。



ニキビを予防するためには、自分に現れる原因を認識することが必要で、原因は人それぞれ違いますので、自分の生活環境や体質、女性ホルモンのバランス、食生活などを見つめなおす事が必要となります。

大人になって発症する大人にきびはストレスが大きな原因となっているケースが多いので、日々の生活の中でストレスを溜め込まない、うまくストレスを解消するなどが予防法となります。



また毎日の食生活で栄養バランスが整った食事を行う事も必要で、栄養が偏った不規則な食生活を改善することも、にきび予防に繋がります。その他に正しい洗顔方法も大事で、洗顔料をあまり泡立てなかったり、強く肌をこするなどの洗顔方法は間違いなので、ぬるめのお湯を使い、よく洗顔料を泡立て顔を包むように洗うことが大事で、洗顔後もタオルで押さえるように水気を拭き取る事が大事です。

Yahoo!ニュースを考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。